Instagram

LINE@

新着情報

「冬型結露」と「夏型結露」その違いとは

結露は、寒い冬場に発生するものと思いがちですが、夏に発生する結露もあります。
夏は、外気が高温多湿となっており、さらに台風や豪雨、梅雨などのあとには
とくに多くの水蒸気を含むようになります。

この高温多湿の空気が室内に入り込んで
温度の低い部分に増えることで結露ができてしまう仕組みです。


夏の結露は、多くの結露水を発生させますし
室内の温度も高いために、カビの発育には最適な条件が整いやすいといえます。
短期間で猛烈に増殖してしまいますので、床下や地下室などは特に注意が必要となります。


それに対して冬型結露は、暖房によって室温が上昇することを要因として
外気や暖房をつけていない空気よりも高温となることで発生する結露です。
それに、人から放出される湿気や、調理の際の水蒸気
加湿器による湿気などが合わさって水蒸気となります。


この湿り気を帯びた空気が、外気と接する窓ガラスなどに近づいて冷えると
ガラス面に水滴として付着し、結露となる仕組みです。

結露の防止対策としては、主に次のようなものが挙げられます。

・湿気を抑制する
・断熱を強化する
・空気を流動させる(換気)

住まいの断熱強化は、室内側の壁面の表面温度が低くならないように
壁体の断熱性を高めて、室内の結露を防止する対策です。
こうした断熱対策は、結露の防止だけでなく
防寒・防暑にも役に立ちますし、省エネルギーの効果も期待できます。

「株式会社INFINITY」は、厚木市・海老名市を中心として
神奈川県、東京都、千葉県、埼玉県等、関東一円の 各種足場工事、塗装工事の完全自社施工を行っております。

地域最安値を目指して、お客様に喜んで頂ける施工を心がけておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

TOPへ戻る